タラ・6月説

6月説と言っても何も衆議院の解散のお話しではありません。

鱈のお話。タラといえば冬の風物詩。タラ汁、タラ鍋、たらきくと

もう冬には欠かせぬ食材ですが、本当はタラの一番美味しい季節は

6月なのだそうです。

祭り鱈と言って、冬の産卵の疲れが癒えて肉が引き締まり独特の

臭みも消えて旨味充分なのが水無月の鱈なのです。

と、言ってもこれは庄内の漁師から聞いた話で真実は闇の中では

あるのですが・・と、言う事で今月は鱈に挑戦してみます。

でも果たして市場に鱈があるかどうか何しろ仲買人も跨いで

通りそうな魚ですから。時期を逃せば後の祭りですからね。

前菜で召し上がれます。 〜 鱈とつぶ貝とアスパラの取り合わせ 〜

wordpress-3

カテゴリー: 日常 パーマリンク