今 やっと気づいた事

おじさんは毎年の様にフランスへ行き 必ずマルシェを見てきたけど

今回リヨンのマルシェではたと気がついた。

本当にハタとだ!!

それは野菜の売り場には季節があるのに魚の売り場には全くといって

いい程 季節が感じられない事だ。

フランス 野菜

 

春にはアスパラガス 秋には色とりどりのフルーツや木の実 きのこで溢れかえって

いるのに魚の売り場には全く季節を感じられない。

 

フランスさかな

 

でも魚達の名誉の事に少し書き添えるなら多少の季節の移ろいはある。

例えば春にはザリガニが並び冬には鱈が脇を固める。

でも売り場の主役はいつもサーモンであり巨大な平目であり手長海老であるのだ。

ぶ3

 

おじさんはその事を40数年目にしてやっと気がついた。

やはり日本人の食は繊細なのだ。なんて言う気はないけれどやっぱり日本の魚には

季節があるなあ!と思うしそれを大切にしなければとも思ってしまう。

カテゴリー: お料理のこと パーマリンク